特注意! 水いぼお風呂感染!の危険性とその対処法

はお風呂が最も危険!水いぼ感染のループを避ける方法

○特注意! 水いぼお風呂感染!の対処法

 

水いぼは感染する病気とといいますがこれは事実です。

 

実際の感染率はそこまで高くはないようですが、

 

一緒のお風呂に入るというこの行為は感染率を大幅にあげます。

 

ちなみに水いぼの中には白色の部分があって、ここがウィルスの巣窟になっています。

 

このウィルスが体の皮膚につくことで感染します。

 

普段の日常においては
・水いぼになっている箇所に直に触れる、
・水いぼになっている人が水いぼを掻いたウイルスつきの手に触る、

 

このようなことをしない限りは水いぼになる、うつる可能性は低いとされています。

一緒のお風呂に入るリスク

 

基本普通に生活していて感染率が低い取れている水いぼですが、お風呂に一緒に入るという行為は水いぼの感染がかなり高くなるようです。

 

その中でも

 

・同じタオルを共有して使用する場合、
・お風呂で直接肌に接触する場合、

 

この行為での感染が最も多いといわれています。

 

始めのうちは大丈夫でも毎日同じお風呂に入っていれば感染率はどんどん上がってきます。

 

 

対応策としてシャワーだけにするという方法もありますが、小さい子供が水いぼになっていたりしたらやはりそれは難しいのではないかと思います。

 

うちも子供がいましてけんきの滴に出会うまでは、症状が治りかけてきたところに子供にうつってしまい、
さらにそれが下の子にうつってしまい、またそれが治りかけてきた所にまた別の人にうつってしまうという悪魔のループに悩まされていました。

 

その悪循環は半年ほど続きましたが、けんきの滴をお風呂に混ぜて使うという方法で解決することができました。