水いぼがうつる原因とその対処法!

水いぼがうつる原因とその対処法!

水いぼは体から体にうつります。

 

家族間で水いぼの交換、治りかけたところに、うつしてしまった家族からまた水いぼをもらうなど、

 

水いぼのループ状態が生まれる恐れもあるくらいです。

 

 

 

では水いぼはどのようにして人から人にうつるのか?

 

水いぼは、そのウイルスが皮膚の表皮に付着してしまうことでうつります。

 

また水いぼに感染している人の皮膚に触ることでもうつってしまう恐れがあります。

 

さらにはウイルスが付いてしまった物に触るだけでもうつります。(これの感染率は低いそうです)

 

ちなみに医師の話では、
水いぼにかかっている方と生活を共にしていく中で水いぼがうつることをそこまで過剰に意識しなくてもよいとのことでしたが、一緒に生活していく中で気を付けてほしい点が2つあります。

 

それは、
『感染している方が水いぼをかゆくて引っ掻いた手に触る事』

 

『水いぼがでている所を直接自らの手で触る事』

 

です。

 

この行為は水いぼの感染率をあげてしまうので注意が必要です。

 

しかし感染者の治療などで触ることもあると思います。

 

触った後は手をハンドソープなどで洗って除菌するように心がけましょう。

 

幸い水いぼのウイルスの感染力はそこまで強くないとのことなので、
それを心がけていればまずうつることはないとのことです。

注意!!水いぼが感染力が上がってしまう身体条件!

水いぼの感染力はそこまで強くないと説明しましたが、

 

水いぼが感染しやすい条件が整うことによって水いぼの感染率は飛躍的に高まります。

 

では水いぼがうつりやすい条件とはどのような条件になるのか?

 

 

 

水いぼがうつりやすい条件とは?

 

・自分の体に傷があるとき

 

・皮膚がカサカサな乾燥状態の時

 

 

2つ共に共通している点は、

 

表皮のバリア機能が弱っている時という事になりますね。

 

この場合はウイルスが真皮から細胞に入り込み、感染しやすくなります。

 

自分、または周りの家族がこの条件に当てはまっている場合は注意が必要になります。

 

 

 

以上の事を注意して水いぼの感染を防ぎましょう!